東京ばな奈のレーズンサンド お散歩部 【第3回】品川編

ブランドから選ぶ

  • 東京ばな奈ワールド
  • 鎌倉五郎本店
  • 銀のぶどう
  • ア・サンドルチェ
  • 銀座まめはな
  • たいやき鉄次
  • シュガーバターの木
  • ちいさなバームツリー
  • パクとモグ通販限定
  • お歳暮特集
  • パクとモグのクリスマス
  • お年賀特集
  • 暮らしを彩るスイーツなひと時
  • パクとモグのお散歩部

お年賀鉄子

配送制限、遅延のお知らせ

災害等の影響による
お届けについて
2017年5月29日更新

カタログご利用のお客様

商品番号からの一括注文

カタログからの一括注文 無料カタログのご請求
炭火ショコラの秘密 銀のぶどうブランドだけの「オリジナル製法」

銀のぶどうブランドの手がけるチョコレートは、そのほとんどに、[炭火ショコラ]という特別なクーベルチュール(チョコレートの原石)が使われているんです。だからこんなに、深ぁい深いコクがとろけてしまう。
炭火で焼いたチョコレート?いえいえ、それではこのおいしさは生まれません。
[炭火ショコラ]の秘密は、原料のカカオ豆から。じつは、世界的にも希少な「炭火焙煎したカカオ豆」だけでつくられているのです。

炭火焙煎すると、カカオ豆はぐっとおいしくなる! イメージ

炭火焙煎は苦くなる?は大きなまちがい。炭の炎は「遠赤外線」。今までなかなか焼けなかった豆の芯にまでむらなく熱がとどくから、外がこげすぎてしまう心配なく、中までこんがりカカオ豆を焼きあげることができました。
炭火の魔法で、眠っていたカカオの深部が目をさまし、本来の味をじゃまするよけいな雑味もおさえられ…、味も香りもくっきり!おいしいカカオになりました。

濃厚にとろけてスッと消える。マネのできないコクとキレ

味も香りもくっきりしたから、[炭火ショコラ]で仕立てたチョコレートは、パキッと板チョコも、とろけるやわらかタイプも、 ひとくち食べたとたん 深ぁい深い濃厚なコクが口いっぱいにあふれだします。
うれしい魔法がもうひとつ。炭火が雑味をおさえてくれたから、こんなに深くて濃いチョコ味なのに味わい終わると同時にお口からスッと消えてしまう。だからついもう一度。おいしさを確かめたくなってしまうのです。

ページトップ